和田誠

和田 誠(わだ まこと、1936年4月10日 - )は、大阪府生まれのイラストレーター。

東京都立千歳高等学校(現東京都立芦花高等学校)、多摩美術大学図案(現デザイン)科卒業。1959年に広告制作プロダクション、ライトパブリシティに入社。同社を退社した1968年より、フリーのデザイナー、イラストレーターとして活躍する。

代表作として、たばこ「ハイライト」のパッケージデザインがあまりにも有名。 この他、フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」のオープニングタイトルや「週刊文春」の表紙も一般的には広く知られている。星新一著作の挿絵も多数手がける。

本業のデザインのほかにも、作詞・作曲から翻訳まで幅広い分野で活動。特に映画ファンとして有名で、「お楽しみはこれからだ」をはじめとするエッセイ集がある。一方で小泉今日子主演で知られる「怪盗ルビィ」などの映画監督を手掛けたりと、監督としての評価も高い。

父は築地小劇場の和田精、夫人は料理愛好家・シャンソン歌手の平野レミ。ロックバンドTRICERATOPSの和田唱は息子。

受賞歴
1958年:『夜のマルグリット』のポスターにより日本宣伝美術会賞受賞。
1960年:たばこの「ハイライト」のデザイン・コンペに入賞。
1964年:短編アニメ映画『殺人 MURDER』により毎日映画コンクール大藤信郎賞受賞。
1969年:似顔絵その他で文藝春秋漫画賞受賞。
1974年:似顔絵集『PEOPLE』で講談社出版文化賞(ブックデザイン部門)受賞。
1981年:講談社出版文化賞(さしえ部門)受賞。
1982年:『ビギン・ザ・ビギン』で角川書店日本ノンフィクション賞受賞。
1984年:映画『麻雀放浪記』で報知映画賞新人賞受賞。
1989年:映画『怪盗ルビイ』でブルーリボン賞受賞。
1993年:『銀座界隈ドキドキの日々』で講談社エッセイ賞受賞。
1994年:幅広い活躍により菊池寛賞受賞。

挿絵・著作一覧
きまぐれロボット
ポスターランド
倫敦巴里
いつか聴いた歌
金田一耕助の冒険
真説 金田一耕助
冷蔵庫より愛をこめて
ナポレオン狂
深夜の散歩−ミステリの愉しみ−
探偵たちよ、スパイたちよ
和田誠百貨店
ことばのこばこ
デザイン街路図
装丁物語
お楽しみはこれからだ Part 1-7
シネマッド・カクテルパーティ
新人監督日記
銀座界隈ドキドキの日々
たかが映画じゃないか
それはまた別の話
これもまた別の話
時間旅行
今日も映画日和
指からウロコ
物語の旅
パイがいっぱい
気まずい二人
ぼくは王さま(王さまシリーズの挿絵を一冊目のみ担当。後年の再版分は和歌山静子に交代)


⇒もっと詳しく見る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。