イラストレーター

小笠原 智史(おがさわら ともふみ)は日本のフリーイラストレーター。北海道出身。

主に小説のイラストやメカデザインを担当している。

柔軟な感じの画風で、アマチュア時代よりケモノ系イラストに定評がある。



荻野目悠樹(おぎのめ ゆうき、1965年2月2日 - )は東京都出身の小説家。横浜市立大学商学部卒。日本SF作家クラブ会員。



野口 竜(のぐち りゅう、1944年1月1日 - )は漫画家、デザイナー、イラストレーター。福岡県出身。

石ノ森章太郎率いる石森プロ出身。同プロ独立後は主にコミカライズ分野で活動していた。『スーパーロボット レッドバロン』でヒーロー及び敵側ロボットのデザインを一手に手がけ、同作が特撮デザイナーとしてのデビュー作となった。続編『スーパーロボット マッハバロン』を経て『ザ・カゲスター』以降は東映作品に活動のフィールドを移す。東映での代表作は『電子戦隊デンジマン』『太陽戦隊サンバルカン』『宇宙刑事シリーズ』など。近年は第一線を退き、主にイラストを担当している。

1990年代後期にはゲーム会社カプコンのプロデューサー(当時)・岡本吉起の呼びかけにより脚本家の杉村升、曽田博久らとともにゲーム製作会社・フラグシップに参加、『バイオハザード』『鬼武者』等と言った同社制作作品のビジュアルワークス(クリーチャーデザイン、美術デザインなど)を手掛けている。



響野 夏菜(ひびきの かな、1972年11月20日 - )は、埼玉県出身の小説家。O型。『月虹のラーナ』が集英社主催の第18回コバルト・ノベル大賞(1991年下期) で<大賞>を受賞し、デビューした。代表作に『カウス=ルー大陸史・空の牙』シリーズや『東京S黄尾探偵団』シリーズなどがある。近作は、『ガイユの書』シリーズ。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。